最短の勉強時間で確実に合格するために

このページでは、まず宅建士に関して資格と試験の概要を説明します。

 

次にオンライン講座の無料トライアルを利用して、効率のいい勉強方法を考察します。

 

最後におすすめの宅建オンライン講座を紹介します。

 

各社の講座がなるべく短期の勉強で確実に合格するためにどんな工夫をしているのかを概観していきます。

 

資格と試験の概要

物件案内する不動産屋さん

 

資格の概要

 

資格の種類と正式名称

宅建士は国家資格。

 

正式名称は「宅地建物取引士」。

 

宅建士の仕事と資格の意義

不動産の買主や賃借人の利益を守る人を作る資格です。

 

具体的には買主・賃借人に「重要事項」を説明する専門家で、この業務は宅建士だけに許されています。

 

不動産取引には免許が必要であり、免許取得には社員の5人に1人以上が宅建士である必要があります。

 

つまりこの資格の保有者は不動産業者に必要不可欠です。

 

*****************************

 

たいていの人は、不動産を新たに賃借する機会はそんなに頻繁になく、まして買うとなると一生に一度あるかないかです。

 

だから、買主・賃借人は専門知識や経験があまりない場合が多いです。

 

一方で非常に高額なため、説明なしに取引を進めると人生を棒に振るような思わぬ大損害を被るリスクがあります。

 

このリスクを防ぐために、不動産取引業者は買主や賃借人に重要事項(絶対知っておくべきこと)を説明することが法で義務付けられています。

 

ただし、それは正確な法律および専門知識を持つ人がやらないと意味がありません。

 

そこでそれができる人を認証しようというのがこの資格の意義です。

 

お客様への重要事項の説明実施が許されているのは、宅建士資格保有者に限ります。

 

資格取得のメリット

不動産取引業者は、1つの事務所において5人に1人の割合で宅建士を置くことが義務付けられています。

 

つまり不動産屋さんは宅建資格の保持者が絶対に必要。

 

よって不動産会社への就職に有利だし、重要事項説明という重要な仕事を単独で任せられるので、昇進にもつながります。

 

まして不動産業で独立開業を考えているなら必須です。

 

不動産業はもちろん、建築会社や金融業などの周辺業界でも資格手当で評価される傾向にあります。

 

資格手当の相場は1〜3万円程度で、関連業界で働いている場合は資格を取るだけで12〜36万円程度の年収アップが実現できることもあるわけです。

 

やる気のイメージ写真

 

 

試験の概要

 

受験資格

受験資格はなく、年齢・性別・国籍・学歴等のの制限はありません。

 

ただし、試験に合格しても宅建士の資格登録ができない場合はあります。(欠格事由)

 

未成年かつ未婚者の人、復権を得ていない破産者、罰金刑以上の刑事罰を受けて刑の執行から5年を経過していない人などですが、ほとんどの人には関係ない話です。

 

受験者数と合格率、難易度

受験者数は毎年20万人程度、合格率は15〜17%。

 

国家試験としては難易度は中程度とされていますが、10人に2人も合格しないわけですから、そんなに簡単な試験でもありません。

 

出題形式

1問1点で50問出題される50点満点で、マークシート形式で回答します。

 

すべて四肢択一の問題ですが、ほとんどが法律関係であり、選択肢のひとつずつが長文で引っ掛け問題も多い。

 

そんなに簡単ではありません。

 

試験時間は2時間です。

 

なお、5問免除制度適用の受験者は1時間50分です。

 

合格点

50問中何問正解すれば合格なのかは決まっておらず、毎回変わり、その決め方は非公表です。

 

令和2年の38点のように高い時もあれば、平成27年の31点のように低い時もあります。

 

では、令和2年の方が平成27年より難しかったのかというとその逆で、合格率は令和2年の方が高いです。

 

だからあまり細かいことを気にせず、7割正解つまり35問正解を合格最低ラインと捉えましょう。

 

それを超えるように頑張ればいいと思います。

 

過去の合格率・合格点推移
実施年度 受験者数 合格率 合格点
令和2年 168,989 17.6% 38点
令和元年 220,797 17.0% 35点
平成30年 213,993 15.6% 37点
…中略… …中略… …中略… …中略…
平成27年 194,926 15.4% 31点
…中略… …中略… …中略… …中略…
平成23年 188,572 16.1% 36点

 

受験費用

7,000円

 

スケジュール

試験は年1回 10月の第3日曜日

 

6月 実施告知
7月 申し込み開始
8月 試験会場通知の送付
10月 宅建試験
12月 合格発表

 

必要勉強時間

一般には250〜300時間といわれています。

 

1日1時間の勉強で換算すると8か月以上、2時間なら4か月以上になります。

 

しかし、100時間の勉強で合格する人もいるようです。

 

何時間の勉強で合格できるのかは、頭の良し悪しや法律の勉強経験の有無も関係するでしょう。

 

しかし、よく言われるのは、勉強の仕方・要領が大きく影響するということです。

 

宅建に挑戦するつもりなら、勉強に着手する前に、効率よく学習できる方法を少し研究した方がよさそうです。

 

宅建の勉強法

勉強法は大きく3つあります。

 

  1. オンライン講座
  2. 通学講座
  3. 独学

 

宅建はマークシート式試験で、記述式試験や実技試験がないので、まさにオンライン講座で勉強するのが効率的です。

 

通学講座だと20〜25万円しますが、オンラインなら最安は2万円を切ります。

 

司法試験のような難関試験ではないので、独学でも合格は可能ですが、かなり効率が悪いです。

 

その理由は次の記事を読めば納得してもらえると思います。

 

宅建資格の勉強中

 


勉強法をオンライン講座の無料体験に学ぶ

オンライン通信講座各社ではたいてい無料のトライアルがあります。

 

これを大いに活用しましょう!

 

本来はその講座の教習方式を試して、効果がありそうか、自分に合いそうか確かめるためのものです。

 

しかし、全体的な勉強の戦略を話していることが多いので、独学で突破するつもりの人も大いに参考になります。

 

短期間で合格するための勉強法に関する情報が得られるということです。

 

ここではスタディングの無料トライアルを試してみましょう。

 

スタディングとは?

下記のような強烈な特色を持ったオンライン講座です。

 

  • オンライン通信教育業界で最安
  • PCよりスマホが前提の画面設計
  • 短期合格者に共通の勉強法を研究して構築
  • アウトプット練習が非常に多い

 

PCでも受講可能ですが、スマホだけで完結するように作られています。

 

例えば画面を見ながら本を開ける必要はないし、学習進捗管理も問題演習も全部スマホの画面内で済むということです。

 

これだと通勤電車の中とか家事の合間、フィットネスジムの休憩中など「スキマ時間」に本当に勉強できますね?

 

無料登録すると講座の入り口部分だけを見ることができます。

 

どんな情報が得られるか見てみましょう。

 

宅建・無料のお試し登録画面

【宅建・無料のお試し登録画面】

 

合格するための勉強法の動画

最初に視聴するのが、全体的な勉強法に関する動画です。

 

短期合格セミナー「失敗しない宅建合格法_5つのルール」

 

ここでは合格基準、出題分野別の力の入れ方、出題分野別の目標点数など、貴重な情報が語られます。

 

宅建試験の出題分野
  1. 宅建業法
  2. 法令上の制限
  3. 権利関係
  4. 税その他

 

このうち、宅建業法はやさしく誰もが高得点するところなので満点を目指さねばならない。

 

しかし、2番目の法令上の制限は違います。

 

スタディング無料講座の動画キャプチャ

 

上の画面で建築基準法は「超難」とされているように、建築基準法ばっかり半年みっちり勉強しても正解できるかどうかわからないくらいの難易度なのです。

 

それなのに出題数はたったの2問で、得点効率は低いです。

 

一方、国土利用計画法、農地法、宅地造成等規制法などはやさしく、1日2日の勉強で十分正解できるらしい。

 

ライバルの受験者はまず「易」の問題を得点にかかりますから、まずはそこで負けない勉強をすべきです。

 

まあ、こんな具合で勉強には「力の入れどころ・抜きどころ」というか、「ツボ」みたいなものがあるのです。

 

 

上掲の写真みたいな形で受験戦略をまとめてくれています。

 

全体を通して「過去問をやる」ことが非常に重要とのことです。

 

こういうことを知らずにやみくもにまんべんなく勉強していては、短期合格は絶対無理です。

 

受講の意思はなく独学で突破するつもりの人もぜひ見るべきだと思います。

 

 

ついでにアウトプット重視の勉強法を見てみる

せっかくですから、無料講座でスタディングの教習方式も体験してみましょう。

 

どの学習項目も次の短いサイクルを繰り返すようになっています。

 

  1. 短い講義動画を見る
  2. 関連する簡単な問題を解く(スマート問題集)
  3. 関連する過去問を解く(セレクト過去問集)

 

延々と講義を聞いたり教科書を読む(インプット)のではなく、ざっと勉強したらすぐに問題を解いてみる(アウトプット)方式です。

 

無料で見れるのは宅建業法の「用語の定義」の部分です。

 

1.講義動画

スタディング無料講座の動画キャプチャ

 

例えば上の動画は、宅建業の定義は「『宅地または建物』を『取引』する『業』」と説明しているところです。

 

この後、『宅地』は私たちがイメージするもの以外にどんなものが含まれるのかなどを順番に講義してくれます。

 

私たちは往々にして上のような講義をノートに丸写しし、アンダーラインやカラーマーカーだらけにすることに時間を使います。

 

しかし、そんなことにどんなに力を入れても「宅建業の定義を理解した」ことにはならないのです。

 

スタディングでは講義はざっと聞いたら十分という考え方です。

 

2.スマート問題集

講義を1回聞いたら、すぐに関連する簡単な問題を解いてみる作業に入ります。

 

スタディング無料講座の動画キャプチャ

 

次のような○×式の問題をどんどん解いていきます。

 

  1. 自己所有する用途地域内の農地を区画割りし、その売却を業として行う場合、免許が必要である。
  2. 自分の所有地にマンションを建築した上で、自ら入居希望者に賃貸する場合は、免許を必要としない。
  3. 他人の所有する複数の建物を借り上げ、その建物を自ら貸主として不特定多数の者に反復継続して転貸する場合は、免許が必要である。
  4. ・・・・

 

上のような問題を正解できることが、「宅建業の定義を理解している」ことなのです。

 

理解が不十分な場合は解説を読み、正解できるようになるまで繰り返し問題を解きます。

 

カラフルなマーカーでノートをきれいに仕上げるような作業はしません。

 

そんなものは時間のムダです。

 

「実戦=問題の正誤を自分で判断すること」を繰り返して理解を深めていくのです。

 

3.セレクト過去問集

スマート問題集で自信がついたら過去問をやります。

 

勉強を始めたばかりの段階からすぐに過去問をやるということです。

 

これは独学では難しいというか、ほぼ不可能なことです。

 

そこまで学んだ知識だけで解ける過去問を初学者が自分で選ぶことは無理だからです。

 

スタディング無料講座の動画キャプチャ

 

まとめ

いかがでしたか?

 

スタディングの竹原氏だけでなく、宅建試験業界の有名講師は口を揃えて言います。

 

「過去問攻略は宅建合格の鍵である」と。

 

スタディングを受講すれば、それが早い時期から自然にできるわけです。

 

過去問に十分親しんで実戦経験を積んだ受験者と、ノートにマーカーばかり塗ってなかなか試験直前まで過去問に着手できなかった受験者。

 

合格するのがどちらかは言うまでもないですね?

 

独学を選ぶにしても、このアウトプット(問題演習)重視の勉強法は大いに参考にすべきです。

 

そして最初に述べたように、無料トライアルを見るだけで試験の攻略方法に関する大きなヒントが得られることも分かったと思います。

 

独学だと次に何を勉強するかということも自分で考えねばなりません。

 

スタディングの宅建は2万円を切っているので、そういうことも含めて講座に任せてしまい、自分は与えられる問題をどんどん解くだけ、という状態にした方が楽なのではないかと思います。

 

宅建おすすめオンライン講座

先ほどご紹介したスタディングを含め、定評のある宅建のオンライン講座を紹介したいと思います。

 

スタディング

スタディング自体が短期合格者のやり方を徹底分析して、合格に必要なことだけを徹底的にやるというコンセプトを持った講座です。

 

同じ範囲が繰り返し出題される傾向の強い宅建とは、特に相性がいいといえます。

 

また、画面がスマホサイズを前提に作られており、テキストなしで学習できるようになっているのも特長。

 

だから通勤中などのスキマ時間学習が現実に効率よくできます。

 

(もちろんPCやタブレットでも学習できます。)

 

宅建

 

短いビデオ学習の後、すぐに問題を解くことを繰りかえすメソッド。

 

過去問練習もストレスなくできるようになっています。

 

しかも価格がオンライン講座最安の最安の18,500円(税別)!

 

時間がない・学費は低く・効率よく短期に合格したい!

 

そういう人はスタディングで決まりだと思います。

 

なお、印刷物のテキストはありませんが、追加料金でそれをもらう選択もできます。)

 

 

フォーサイト

どの講座でも全国平均合格率の何倍もの合格率実績を出しているオンライン講座です。

 

宅建でも受講生は7割以上合格しており、全国平均の4.21倍の合格率です。

 

2019年宅建実績
フォーサイト合格率 全国平均合格率 合格率対比
71.5% 17.0% 4.21倍

 

宅建

 

累計受講者数57,524人突破の窪田講師らによる熱血指導でわかりやすく説明し

 

印刷物のテキストを見ながら動画で学ぶ方式です。

 

その一方でスマホで完結するスキマ学習ができるeラーニングアプリ「ManaBun(マナブン)」も用意されています。

 

 

資格スクエア

資格スクエアは法律系の資格に強いオンライン講座です。

 

ここには、お金は少しかかってもいいから丁寧なケアをしてほしいという人向きの宅建コースがあります。

 

  • 何をしたらいいか細かく指示してほしい人。
  • それをやれば合格できるという道筋を見せて安心させてほしい人。
  • メールや電話によるヒューマンコンタクトがあるとモチベーションが上がる人。

 

そういう人は資格スクエアが向いています。

 

他社にない丁寧なケア(プラン限定)
逆算合格術
  • 業界初の画期的な学習メソッド
  • 受験生・合格者・試験から逆算して、必要な能力を定義し、その能力がつけられる講座を構成
  • 何をどんな順番で学び、どれくらい時間を掛ければいいか、事細かに指示
  • 「宅建試験合格ロードマップ」「レベル別学習シート」「合格読本」の3点セット提供
学習サポート
  • メールで質問可能(回数無制限)
  • コンサルタントが定期的にフォローアップ
  • 月2回の電話質問

 

宅建

 

ただし、宅建講座の3つのプランのうち、独学プランには逆算合格術と学習サポートはつかないのでご注意を。

 

サポートのないプランは他社よりお高めなので、資格スクエアにするなら逆算プラン以上を選ぶといいと思います。

 

宅建講座の3つのプラン

逆算プレミアム
178,000円(税抜)

逆算プラン
138,000円(税抜)

独学プラン
98,000円(税抜)

  • 講座・教材・模試
  • 逆算合格術のセット
  • 定期的フォローアップ
  • メールで質問可能(回数無制限)
  • 月2回電話で質問可能
  • 講座・教材・模試
  • 逆算合格術のセット
  • 定期的フォローアップ
  • メールで質問可能(回数無制限)
  • 一番スタンダードなプラン
  • 講座・教材・模試のみ
  • 逆算合格術と学習サポートはなし
  • サポート不要な人向き

 

 

アガルート

テキストを見ながら講義動画で学ぶ方式です。

 

宅建では初学者向けのコースのほかに中・上級者向けのコースがあるのが他社にない特色です。

 

スピード合格カリキュラム

学習経験者向けのコースです。

 

アガルートに寄せられた下記のような悩みに対応すべく編成されました。

 

  • 過去に少し勉強したが途中で学習をやめてしまった
  • 知識が断片的で基礎が定着していないと思う
  • あと1点足りなかったが何をしたらいいか分からない
  • 問題を解くとなぜか解けない
  • 残された時間で合格に向けて効率的な学習がしたい

 

勉強したのにどうも合格できない。

 

一人で再チャレンジはきつい。

 

かといって、もう1回初心者と同じコースを取るのもかったるい。

 

そんな人にピッタリな内容になっています。

 

具体的には短い講義の後、すぐにその分野の過去問を解くことに注力します。

 

一応知識はつきかかっているのに合格できない人は、過去問トレーニングが足らないのです。

 

それを伴走して徹底的にやってくれるコースです。

 

導いてくれるのは、不動産資格の女王こと工藤美香講師。

 

Facebookで質問に講師が答えてくれるフォロー体制も充実しています。

 

ゼロから合格カリキュラム

初めて宅建にチャレンジする人のためのコースです。

 

合格に必要な内容だけを効率よく学習できるように設計されています。

 

体系別の10年分過去問をみっちりやってアウトプット力を鍛えてくれます。

 

Facebookグループを使って講師に質問もできます。

 

印刷テキストを発送するカリキュラムとしては業界最安の29,800円(税抜)も魅力です。

 

アガルートアカデミー

 

合格すると受講料返還?!

 

受講料
ゼロから合格カリキュラム
(初学者向けコース)
スピード合格カリキュラム
(経験者向けコース)
29,800円(税抜) 39,800円(税抜)

 

もとのお値段も安い部類ですが、なんと合格するとキャッシュバックの制度があるのが驚きです。

 

といっても、アガルートのホームページや販促物に合格者として顔出しするのが条件です。

 

キャッシュバックの条件
受講料全額返金 合格体験記を提出し、インタビューに出演すること
お祝い金1万円 合格体験記と顔写真を提出すること

(当然、どちらも合格通知書データの提出は求められます。)

 

もし顔出しが差支えないなら、こんなにいい話はありません。

 

「必ずタダで合格してやるぞ!」と思えば、モチベーションにもつながるはずです。