独立・開業が可能な資格です

司法書士は登記のエキスパートです。

 

独立開業が可能ですが、法律関係の資格の中でもかなりの難関です。

 

その分、社会的地位も高いといえます。

 

この仕事の内容とと資格試験の情報、信頼性ある合格戦略、さらにおすすめのオンライン講座を紹介します。

 

 

目次

司法書士の仕事
  • 司法書士の業務内容
  • 司法書士の働き方
  • 司法書士の収入
  • 司法書士に向いている人・適性
司法書士試験
  • 試験概要−受験資格、日程、受験料等
  • 試験内容−出題形式、範囲
  • 合格に必要な勉強時間
オンライン講座の分析に学ぶ試験対策
  • スタディングの試験分析に基づく勉強法・合格戦略
おすすめの司法書士オンライン講座
  • スタディング
  • 資格スクエア
  • アガルート
  • フォーサイト

司法書士の仕事

司法書士は司法書士法に基づく国家資格で、弁護士より身近な法律家です。

 

その仕事内容、弁護士や行政書士との違い、適性、収入などについて説明します。

 

 

司法書士の業務内容

司法書士の業務の中心は登記の代行です。

 

土地や建物などの不動産登記、会社・法人の登記の書類作成代行が一番メインの仕事です。

 

普通の人が司法書士に会う機会で一番多いのは、家や土地の売買の場面でしょう。

 

実際、司法書士の仕事で一番ボリュームが大きいのは不動産登記です。

 

家を売り買いする時は、必ず銀行の一室に売主・買主・銀行担当者・司法書士が一堂に集まって、すべての手続きを一度に済ませます。

 

登記の遅れを利用した不正などを発生させないためです。

 

不動産登記と商業登記(会社等)は司法書士の独占業務です。

 

さて、従来はこうした登記一辺倒の仕事内容でしたが、2002年の司法書士法改正で業務の幅が広げられました。

 

例えば法務大臣の認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所では原告の代理として法定で弁論するなど、範囲限定で弁護士と同様の仕事もします。

 

そういうものも含めて、司法書士の業務リストを下記に整理しました。

 

司法書士の業務一覧
不動産登記 土地や建物の売買、相続、建物の新築時などの登記、抵当権の設定・抹消
会社・法人の登記 会社の設立、役員の変更、増資・減資、本店移転、定款変更などの登記
裁判所・検察庁に提出する書類の作成 訴状、申立書(以上裁判所)、告訴状(検察庁)

簡易裁判所における訴訟の代理
裁判外の和解の代理

特別研修を受け、考査により認定を受けた「認定司法書士」限定の業務。
請求額140万円以内の簡易裁判所を管轄とする民事紛争につき、原告の代理人として法廷で弁論する等。また裁判外の和解(いわゆる示談)の交渉。

民事トラブルの法律相談 認定司法書士は請求額140万円以内の民事トラブル(例:詐欺、マルチ商法)のアドバイス可。
供託の手続

金銭・有価証券などを法務局にあずかってもらう手続き(供託)を代行する。
債権者の受領拒否や受領不能等に伴う弁済目的の供託、後の支払いの確保を担保するための担保保証目的の供託など、目的別に5種類ある。

相続・遺言に関する業務 不動産の相続登記、家裁への相続放棄申立、遺言書作成。
債務整理に関する業務 多重債務解決のため、任意整理や自己破産の手続きをサポート。
帰化の手続 外国人の日本帰化手続きをサポート。
成年後見 判断能力が不十分な人の財産管理をサポート。自分の老後を視野に入れた場合を含めて。

 

弁護士や行政書士との違い

弁護士は司法書士や行政書士の独占業務を含む法律事務全般を扱うことができ、その権限に制限はありません。

 

司法書士や行政書士は弁護士より扱える範囲が狭いですが、弁護士より報酬が安く、弁護士はそういう仕事をやりたがらないので、住みわけができています。

 

司法書士と行政書士では、まずメインの守備範囲が違います。

 

司法書士は登記代行、行政書士は許認可申請がメインです。

 

メイン以外の分野では両者の業務範囲は重なる部分もありますが、細かい違いがあります。

 

例えば、遺産・遺言関連の業務では、遺言書の作成は両者に許されていますが、相続登記や相続放棄は司法書士のみに許されています。

 

一方、自動車関連の手続き(自動車登録や車庫証明)は行政書士OKで司法書士NGです。

 

一般的傾向としては、司法書士は業務範囲は狭いが専門性が高く、行政書士は業務範囲が非常に広いと言えます。

 

行政書士は、他の士業の独占業務以外のものを幅広くカバーする法律家だともいわれています。

 

 

司法書士の働き方

次の3つがメインです。

 

  1. 独立・開業する
  2. 司法書士事務所で働く
  3. 企業・官庁の法務部門に勤務する

 

司法書士試験合格後、司法書士事務所で数年間、補助者として修行した後、個人事務所を独立開業するのが王道です。

 

個人事務所は司法書士の所長と数名の補助者からなるのが主流の形態で、今も大都市以外はほとんどこのタイプです。

 

しかし、規制緩和後は都市部では様々な形態の大型事務所が出現し、キャリアパスも多様化しています。

 

一般的にはメインの仕事は不動産登記なので、銀行の一室で売買契約に立ち会い、法務局に走って登記するという作業の比率が大きいです。

 

そのため主な労働時間は官庁の開庁時間と重なります。

 

ただし事務所でクライアントの相談に乗るのは相手の都合に合わせる必要があります。

 

司法書士の収入

「平成28(2016)年度 司法書士実態調査集計結果」(司法書士白書 2017年版)によれば、司法書士の平成27年の年収(税引き前)帯の回答者数ランキングは下記の通りです。

 

1位 200〜499万円(回答者全体の30.5%)
2位 500〜749万円(回答者全体の19.1%)
3位 1,000〜4,999万円(回答者全体の17.5%)

 

予想外に低いと思う人も多いでしょうが、独立して営業する士業の事情を踏まえて見る必要があります。

 

まず資格取得後に司法書士事務所で修行している人は月収20万円程度で、そういう人が大量に含まれています。

 

高齢で実働していない人も平均を押し下げています。

 

そして独立開業してしばらくは低収入であり、いつまでも低空飛行を続ける人や廃業する人も出てきます。

 

顧客開拓に成功した人だけが高収入を得ているのです。

 

そう見ると、成功すれば年収1000万円以上が可能だが、それは上位2割以下だといえそうです。

 

資格取得だけで高収入が約束されるものではなく、事務所の経営に成功することが求められるのです。

 

 

司法書士に向いている人・適性

 

勉強能力

まず、資格試験をクリアするだけでも格段の能力が求められます。

 

合格に必要な勉強時間は、宅建が300時間、 行政書士が800時間と言われているのに対し、司法書士は3,000時間です。

 

8,000時間とも言われる司法試験(弁護士等)ほどではないにしろ、大変な難関です。

 

頭がとても優秀か、法律が好きでコツコツ努力できる人でないとなかなか厳しいでしょう。

 

性格

次の2点が大切でしょう。

 

  • 正確な仕事ができる
  • 責任感がある

 

間違えるとクライアントの人生が狂ってしまうこともある法律関係の仕事です。

 

しかし、弁護士の法廷弁論のような派手さはなく、地味な書類事務の繰り返しです。

 

それに飽きずにいつでも正確にこなせる力が求められます。

 

経営能力

高収入を得るには資格を取得するだけではなく、事務所経営に成功する必要があります。

 

人脈を開発し、スタッフを使いこなす能力も求められます。

司法書士試験の概要

司法書士になるには、まず司法書士試験にパスしなければなりません。

 

この試験の情報を紹介します。

 

なお、試験に合格する以外に、裁判所事務官などを規定年数以上経験した後に口述試験を受ける方法もあります。

 

ただ、難関の司法書士試験以上に難易度が高いため、この道をたどる人はごく少数です。

 

 

試験概要

  • 受験資格:なし。誰でも受験可。
  • 受験申込:5月上旬
  • 筆記試験:7月第1日曜日、または第2日曜日 午前+午後
  • 筆記試験合否発表:9月末〜10月初旬
  • 口述試験:10月中旬の平日(筆記試験合格者のみ)
  • 最終合格発表:10月下旬〜11月上旬
  • 受験手数料:6,600円

 

試験内容

 

筆記試験

筆記試験は全11科目です。配点が高いのは主要4科目で、その中でも民法の出題が一番多いです。

 

試験科目
主要4科目

民法ー総則3問、物件4問、担保物件5問、債券4問、親族・相続4問 計20問
商法(会社法)
不動産登記法
商業登記法

マイナー7科目 司法書士法、民事訴訟法、供託法、等

 

試験時間
午前の部 9:30〜11:30(択一35問)
午後の部 13:00〜16:00(択一35問、記述2問)

 

口述試験

筆記試験に合格した人のみに実施される面接形式の試験。

 

内容は不動産登記法や商業登記法など。

 

こちらはよほど問題がなければパスできると言われています。

 

つまり、司法書士は筆記試験一発勝負に近いということです。

 

 

合格率・難易度

合格率3〜4%の難関試験です。

 

税理士とよく比較されますが、一般的には税理士の方が難易度は高いと言われています。

 

ちなみに税理士の合格率は18%程度ですが、試験方式が違うので合格率での単純比較はできません。

 

難易度が高い理由のひとつに、試験が3つのセクションに分かれていてそれぞれで足切りをしていることがあります。

 

配点の多い科目に集中して他を捨てる戦略が通用せず、全般的に習熟していないとパスできないのです。

 

しかし、その一方で、受験資格がない(誰でも受験できる)ことに起因する最初から合格を目指す気がない「記念受験」の多さが合格率を下げているという説もあります。

 

必要な勉強時間

一般的に3,000時間前後の勉強時間が必要と言われており、税理士に匹敵します。

 

宅建の300時間、行政書士の800時間と比べても難関ぶりが顕著です。

 

試験合格後の手続き

司法書士試験に合格したら司法書士会に入会し、司法書士名簿に登録します。

 

その後、日本司法書士会連合会などが開催する研修を受けてスキルを高めていきます。

 

さらに司法書士事務所などに就職して実務経験を積んでいきます。

オンライン講座の分析に学ぶ試験対策

受験を決意したら、実際に勉強を始める前に裏付けのある戦略を立てて臨むべきです。

 

特に司法書士の場合、個々の勉強内容が難しく、かつ膨大なボリュームがあります。

 

何も考えずに始めると非常に非効率・不完全な学び方をし、かつ全項目を勉強し終えない状態で試験に臨むことになりやすい。

 

それでは合格はおぼつきません。

 

合格経験者や指導実績の豊富な先生がWEBやYoutubeで情報公開しているので調べてみましょう。

 

また、オンライン講座の無料お試し動画でもそういう情報を公開していることが多いのでチェックすべきです。

 

 

スタディングの無料お試し動画に学ぶ

スタディングはスマホ内だけで学習を完結できるように設計され、価格も最安の部類に属する有名オンライン講座です。

 

スタディング司法書士無料お試し動画

 

20年近い指導歴を持つ講師の山田巨樹氏によると、口述試験はよほどのことがないと不合格にはならないので、司法書士は筆記試験の1回勝負に近いとのことです。

 

そして筆記試験は非常に問題量が多く、丸1日がかりなのでとてもスタミナを消費するとのことです。

 

「捨てる戦略」が通用しない試験

スタディング司法書士無料お試し動画

 

司法書士試験では、主要4科目が配点の82%を占めます。

 

するとマイナー科目の18%を「捨てる」ことにして、主要4科目で勝負する戦略が考えられます。

 

他の多くの試験では配点の低い科目や分野を捨てる作戦が有効です。

 

しかし、司法書士試験ではそれは通用しません。

 

択一試験で概ね85%以上得点しないと合格できない仕組みになっており、そのやり方ではこの水準に絶対到達しないからです。

 

 

独特な足切り方法に対応した作戦を

さらに司法書士試験は「3つの基準点」を用いた独特の足切りをしています。

 

スタディング司法書士無料お試し動画

 

午前の択一問題、午後の択一問題、記述式問題の3セクションに足切りの「基準点」を設けます。

 

まず、午前の択一問題、午後の択一問題でそれぞれの基準点による足切りを行います。

 

そして、午前午後の択一問題の両方で基準点をクリアした人だけが、記述式問題の答案を採点してもらえます。

 

記述問題でも基準点による足切りが行われます。

 

ところが、これをクリアしたら合格ではなく、さらにもう1段階の選抜があるのです。

 

スタディング司法書士無料お試し動画

 

3つの基準点をクリアできる人は毎年1000人強しかいません。

 

この中から出願者の約3%の人数が合格となり、その数はおよそ600人です。

 

これを確実にクリアするためには、「3つの基準点クリア」に加えて「24点の上乗せ」が必要になります。

 

スタディング司法書士無料お試し動画

 

 

明確な目標とそれを実現できる方法を提供

このように山田講師は明確な勉強の目標を根拠に基づいて提案しています。

 

確実に合格するための目標

 

3つの基準点クリア + 24点上乗せ

 

 

さらに動画の続きで山田講師は上記の目標を実現する勉強法を説明しています。

 

択一問題の基準点をクリアする勉強法も記述式問題の対策も説明しています。

 

上乗せの24点は記述式問題を当てにせず、択一式で狙った方が成功率が高いということも言っています。

 

山田講師によると、かなりの受験者が試験範囲の勉強を一巡できないまま試験日を迎えるそうです。

 

そういう人たちが合格率を大きく下げており、実質的な合格率はもっと高いはずだといいます。

 

逆に言うと実証済の勉強法に従って試験範囲の勉強を一巡するだけで、合格に大きく近づけるのです。

 

受験を考えている人は、この無料動画をぜひ見た方がいいと思います。

 

 

おすすめの司法書士オンライン講座

スタディング

どのコースも短期間で合格した人の勉強方法を研究しぬいて構成されているオンラインスクールです。

 

他社はパソコンオンライン→スマホ対応という経緯を辿っているケースが多いですが、スタディングは以前より設計段階からモバイルファーストです。

 

スマホだけで快適に視聴できて問題演習も含めて学習を完結できるので、スキマ時間学習に最適です。

 

受講料がオンラインスクール業界最安なのも魅力。

 

司法書士の勉強はボリュームがあるので、他社の初学者向けコースはどれもかなりのお値段です。

 

しかし、スタディングは10万円を切っています。

 

また、メルアド登録で視聴できる無料お試し動画で、貴重な試験攻略情報を公開しているので必見です。

 

司法書士

 

 

資格スクエア

法律系の資格に強い有名オンラインスクールです。

 

独学プランのほかに定期的な学習進捗相談のついたプランを提供しています。

 

そちらは少しお高くはなりますが、単独で確信を持って進む自信がない人は検討の価値があります。

 

司法書士は必要勉強量の膨大さや難しさの点で宅建などとはケタが違います。

 

長期戦の中で相当のストレスやプレッシャーに晒される覚悟をしておく必要があります。

 

不安なら少々高めに払っても助けてくれるコーチを確保しておくのも有効な対策です。

 

資格スクエア

 

 

アガルート

2015年1月に開校した、オンラインによる講義の配信を中心とした資格予備校です。

 

合格に必要な内容によく絞り込んだ合理的なカリキュラムが特長です。

 

また、各種の割引が用意されているので、ひょっとするとかなり安く受講できるかもしれません。

 

各種割引制度
  • 司法書士受験経験者への割引
  • 他資格(宅建、行政書士等)保有者への割引
  • 他校からの乗り換え受講者への割引
  • アガルート司法書士の旧版受講経験者への割引
  • 家族割引

 

アガルートアカデミー

 

 

フォーサイト

どの資格でも平均合格率の何倍もの合格率実績を出している有名オンラインスクールです。

 

非常によく練られたテキストを持つ一方、マルチデバイスでのオンライン完結学習環境「マナブン」も完備しています。

 

司法書士通信講座