このページについて

社会福祉士はいわゆるソーシャルワーカーの国家資格です。

 

この資格の試験情報やオンライン講座の情報をまとめたページです。

 

目次

資格と試験の概要
  • 社会福祉士とは?
  • 社会福祉士の仕事−職場と具体的業務
  • 試験概要−時期、会場、出題形式 他
  • 受験資格
  • 出題科目と出題数

 

おすすめ社会福祉士オンライン講座
  • アガルート

この試験は受験者を攪乱する難問・奇問の類の出題が3〜4割を占め、そういう問題は適当に答えて、確実に正解しないといけない問題に時間を確保する戦略が必要です。

 

アガルートの講座の20日間無料トライアルを利用して、それを探っているのでぜひ読んでください。

 

介護のイメージ写真

 

資格と試験の概要

社会福祉士とは?

身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人の日常生活について様々な支援を行う専門知識を持っていることを認定するものです。

 

いわゆるソーシャルワーカーの国家資格です。

 

この資格を持っていないとできない仕事(独占業務)はありませんが、資格を持っていないと名乗ることはできません。

 

社会福祉士の仕事

 

職場

高齢者施設、障害者施設、医療施設、地域福祉施設、福祉事務所など

 

具体的業務
  • 相談業務
  • 各種支援サービスの手続きや環境整備
  • 行政機関や医療機関との連携・調整
  • 介護業務

 

社会福祉士国家試験の概要

  • 受験資格あり。
  • 毎年1回実施
  • 申し込み期間: 9月中旬〜10月上旬
  • 試験日: 2月上旬の1日
  • 結果発表: 3月上旬
  • 試験会場は全国だが、全県ではない(2020年の例では中部は愛知・岐阜のみ)
  • 受験料: 15,440円
  • 18科目から150問(2020年の例)
  • 午前と午後の2部で240分
  • マークシート5択問題(配点は1問1点)
  • 合格基準は総得点の60%程度、且つ指定の18科目群全てで得点

 

社会福祉士国家試験の受験資格

法が定める12種のルートのどれかに該当することが必要。

 

一般大卒でも実務経験が求められることに注意。

 

社会福祉士の受験資格ルート

公益財団法人 社会福祉振興・試験センターのホームページより転載

 

出題科目と出題数(計150問)

 

精神保健福祉士との共通科目(計83問)
  • 人体の構造と機能及び疾病(7問)
  • 心理学理論と心理的支援(7問)
  • 社会理論と社会システム(7問)
  • 現代社会と福祉(10問)
  • 地域福祉の理論と方法(10問)
  • 福祉行財政と福祉計画(7問)
  • 社会保障(7問)
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度(7問)
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度(7問)
  • 保健医療サービス(7問)
  • 権利擁護と成年後見制度(7問)

 

社会福祉士のみの科目(計67問)
  • 社会調査の基礎(7問)
  • 相談援助の基盤と専門職(7問)
  • 相談援助の理論と方法(21問)
  • 福祉サービスの組織と経営(7問)
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度(10問)
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(7問)
  • 就労支援サービス(4問)
  • 更生保護制度(4問)

福祉のイメージ写真

おすすめ社会福祉士オンライン講座

アガルートアカデミー

司法試験など法律系の難関試験をはじめ、各種の資格試験講座を提供しているオンライン校です。

 

テレビCMも時々やっています。

 

有名校で社会福祉士の資格講座を提供しているのは、この記事の作成時点でアガルートだけでした。

 

学習方式は「総合講義」の動画で知識をインプットし、「過去問題解説講座」でアウトプットするやり方です。

 

アガルートアカデミー

 

  • マルチデバイス: パソコン(Windows、Mac)、スマホ・タブレット(Android、iPhone)
  • 印刷物テキスト: あり。フルカラー。

 

動画は8段階の速度調整機能搭載で、復習の時の早回しも可能。

 

また、音声データをダウンロードして通勤時などに聞きながら学習することも可能です。

 

アガルート20日間無料お試し体験談

たいていのオンライン講座はメルアド等の登録で無料お試しができます。

 

これは本来、講座が役に立ちそうか、自分に合いそうか判断するためのものです。

 

しかし、それだけでなく、その試験の攻略のツボが語られているので、独学で突破するつもりの人も利用しない手はありません。

 

アガルートの場合、どんな情報を得られるのか、一部ご紹介しましょう。

 

まず無料登録のボタンを押してメルアドを登録するとマイページが作られ、講義動画を20日間、無料視聴できるようになります。

 

数日後に郵送で資料が届きます。

 

社会福祉士無料体験の郵送資料

【無料体験の郵送資料】

 

講義動画を見るとどんなことを勉強するのか、イメージが具体的になります。

 

社会福祉士講義動画

 

これは教科書をアップにしながら進んだり、ホワイトボードの前で講義したりという形で普通です。

 

社会福祉士講義動画

 

過去問の解説で重要な攻略情報を開示!

さて、重要なのは過去問の講義動画です。

 

社会福祉士講義動画

 

3本あるのですが、1本目で非常に重要なことを言っている。

 

  • この試験はどんなに勉強しても満点は取れないようにできている
  • 問題の4割ぐらいが聞いたこともない学者の理論とかの難問・奇問
  • しかもそういう問題に限って長文で時間を消費する
  • 確実に得点すべき問題と捨ててもいい問題をすぐ識別できないと合格は無理

 

つまり、この試験は試験範囲が定まっていないということです。

 

問題の6割くらいは決められた範囲から出題されるが、4割くらいは毎年受験者の想定を超えた内容を自由に出題してくるということです。

 

その4割の出題範囲はあまりに広く深すぎて準備不可能、たまたま知っていた場合以外はまず正解できないのです。

 

動画ではそんな問題の例も紹介してくれていますが、本当にマニアックな内容でした。

 

落ちた人の体験談では「どれができないといけない問題か判断できなくて、時間が足りなくなった」という人が多いそうです。

 

大半の受験者が回答できない難問、だからできなくてもいい問題に、試験時間途中でメンタルをやられて壊滅してしまうケースが多いのです。

 

こんな試験に独学で挑むのはかなりの冒険ではないでしょうか?

 

過去問解説の動画では、「これは絶対覚えておかないといけない知識。これは1回しか出たことがないし、忘れてもいい。」という具合に重要度も併せて解説してくれます。

 

というか、重要度の情報なしに自分で過去問を勉強しても途方に暮れることになるのでは?

 

この試験をパスするには次の3つが不可欠と思えます。

 

  1. 絶対マスターすべき6割の出題範囲を網羅した信頼できる教科書
  2. 捨てるべき問題の見分け方ノウハウ
  3. 重要度情報付きの過去問題集

 

ほかにも非常に重要な試験対策を教えてくれるので、受けるつもりの人はこの動画を見た方がいいと思います。