土地家屋調査士おすすめオンライン講座

土地家屋調査士は、不動産の表示登記を独占業務とする国家資格です。

 

仕事内容的には、特定分野の法律家と測量技師が混じったような感じです。

 

土地家屋調査士のおすすめオンライン講座を紹介します。

 

特殊な試験事情―測量士補とのダブル合格が普通

土地家屋調査士の試験は、筆記試験(午前の部/午後の部)と口述試験(面接)からなりますが、一番難しいのが筆記の午後の部です。

 

筆記試験の午前の部は、測量士、測量士補、1級建築士、2級建築士のいずれかの資格を持つ人は免除されます。

 

このうち測量士補の取得は比較的やさしいです。

 

そこでほとんどの受験生は測量士補の資格を先に取って午前の部を免除してもらい、午後の部に集中して受験します。

 

オンライン講座の紹介記事はこの試験事情を踏まえた上で読んでください。

 

アガルート

土地家屋調査士のコースを提供しているオンライン講座は少ないですが、テレビCMもやっている有名スクールのアガルートにはあります。

 

初学者向けコースと学習経験者向けコースがそれぞれ2種ずつあります。

 

初学者向けのコースは、筆記試験の午前の部を免除される資格(測量士・測量士補・1級建築士・2級建築士のいずれか)を持っているかどうかで、下記2つの中から選べるようになっています。

 

初学者向けの2種のカリキュラム
ダブル合格カリキュラム 初めて土地家屋調査士試験の学習をスタートする人が,測量士補試験と土地家屋調査士試験の2資格に,約1年でダブル合格するためのカリキュラム
入門総合カリキュラム 土地家屋調査士試験の学習が初めての人で,午前の部の免除を受けられる人向けのカリキュラム

 

初学者向けカリキュラムの中身
合格総合講義 合格に必要なすべてが詰まったカリキュラムの中核部分
過去問詳細解説 択一式過去問解説講座、記述式過去問解説講座
新・定規の使い方講座 速く正確な作図テクニックを解説
[中山式]複素数計算 複素数モードによる計算方法をマスターする講座
実践答練 合格に必要な知識をバランスよく出題した答練
測量士補 総合講義 測量士補試験合格に必要な知識をインプット
3時間で押さえる計算問題 計算問題をパターン化し,すべての解き方を解説
3時間で押さえる文章問題 全論点について解説

※ダブル合格カリキュラムは灰地と緑地の科目の両方、入門総合カリキュラムは灰地の科目のみです。

 

学習経験者向けカリキュラム2種
中上級総合カリキュラム 午前の部の免除が受けられ、本試験の択一で15問以上正解できた人向け
上級パック 択一式と記述式の基準点を超えている人向け

 

アガルートアカデミー

 

印刷物のわかりやすいテキストがつきます。試験に精通した講師が,合格に必要な知識を精査し,信頼できる文献の裏付けを取った上で記述しています。

 

Facebookグループを利用した質問制度では、質問回数無制限で講師が24時間以内に回答します。

 

さらに定期カウンセリングによる完全個別フォローつき。

 

動画やWebだけでない、人手のヘルプもある頼もしい講座です。

 

土地家屋調査士の試験

土地家屋調査士のスケジュール、選抜プロセス、難易度・合格率等についてまとめました。

 

試験スケジュール

筆記試験の午前の部を免除される資格(測量士・測量士補・1級建築士・2級建築士)を持っていない人は、5月の測量士補試験を受けるのが普通。

 

測量士補に合格して、土地家屋調査士の筆記試験の午前の部を免除された上で、ダブル合格を狙うのが一般的です。

 

測量士補試験スケジュール

筆記試験: 5月中〜下旬
(令和2・3年はコロナによるイレギュラーで秋実施)
合否発表: 7月

 

土地家屋調査士試験スケジュール

公示: 7月  
受験申込受付: 7月下旬〜8月上旬
筆記試験(午前/午後): 10月
筆記試験合格発表翌年: 1月上旬
口述試験: 1月下旬 
最終合格者発表: 2月

 

土地家屋調査士試験・選抜プロセス

形式上は筆記試験の合格者に口述試験を課して最終合格が決まる2段階選抜ですが、口述試験はほとんどの人がパスします。

 

筆記試験(10月)
午前の部 平面測量10問/作図1問(試験時間:2時間)
午後の部

[択一]民法3問/不動産登記法16問/土地家屋調査士法1問
[書式]土地・建物から各1問
(試験時間:2時間30分)

 

口述試験(翌年1月)

1人15分程度の面接方式による試験

 

筆記試験の午前の部は難易度が低く、免除制度もあります。

 

したがってこの資格試験の一番の難所は筆記試験の午後の部であり、ここに向けて集中的な準備をすることが大切です。

 

難易度・合格率・試験の難所

土地家屋調査士の合格に必要な勉強時間は1,000時間程度と言われており、かなりの難関試験です。

 

土地家屋調査士の最終合格率は8〜9%で推移してきましたが、近年は10%くらいあります。

 

試験の難所

この試験が難しいところは次の2点です。

 

計算

三角関数や複素数の計算が出てきます。高度な数学ではないですが、数学がもともと苦手な人はハードルが高いと感じがちです。

 

作図

作図は正確に速く描ける熟練が求められ、線のズレなどは減点対象となります。

 

民法

宅建士試験等で学習経験がある人にはさほど高いレベルではないですが、法律の初学者はかなり難しいと感じる場合が多いです。

土地家屋調査士の仕事

土地家屋調査士の仕事

 

登記簿の表題登記

法務局では不動産(土地&建物)の情報を登記簿に一元管理しています。

 

登記簿は1つの不動産ごとに1つ作成され、「表題部」「権利部(甲区)」「権利部(乙区)」の3部分に分かれています。

 

まず表題部(表示部)という部分にどこのどんな不動産かという情報が記録されています。

 

表題部に記載される情報
土地 所在、地番、地目(宅地、畑、雑種地など)、地積(面積)、登記の日付など
建物 所在、家屋番号、建物の種類(居宅、店舗、事務所など)、構造(木造、鉄骨造など)、床面積、登記の日付など

 

この表題部に記載するための情報を得るために不動産を調査したり、測量するのが土地家屋調査士の第一の仕事です。

 

そして表題部の登記申請の代行を請け負うのが土地家屋調査士の第二の仕事です。

 

土地の分筆、合筆、造成や埋立によって新しい土地が発生した場合、新築によって新しい建物が発生した時は、所有者は表題登記の申請義務が課せられています。

 

しかし、それは専門知識が必要な難しい作業なので一般的に代行を依頼し、代行は土地家屋調査士の独占業務になっています。

 

土地家屋調査士は、法的義務のある業務、換言すると常に発生する業務を独占しているわけです。

 

司法書士との住みわけ

不動産の登記というと司法書士の独占業務というイメージがありますが、それは権利部の話です。

 

権利部の内容
甲区 所有権の情報(売買、相続、譲渡等の所有権移転原因や新所有者など)
乙区 抵当権や地上権、地役権など所有権以外の権利に関する情報

 

表示部の登記は土地家屋調査士の独占業務です。

 

土地家屋調査士の仕事内容まとめ

1.不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること

 

2.不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること

 

3.不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること
(審査請求とは、表題登記に関する登記官の処分に不服申し立てをすること)

 

4.筆界特定の手続について代理すること
(筆界特定とは、土地の所有者の申請により、登記官が、外部の専門家の意見を踏まえて筆界を特定する制度)

 

5.土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること